2012年7月31日
モバイル野球専門サイト『週刊ベースボール』、リニューアル&プレミアムコース開始!
本誌『週刊ベースボール』の記事をスマホ、ケータイに毎週配信! バックナンバーも!

スポーツ・趣味に関わるインターネットメディアを展開する株式会社ネットドリーマーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:国本恵嗣、以下ネットドリーマーズ http://www.netdreamers.co.jp/ )と、スポーツ関連の媒体を幅広く出版、制作、販売している株式会社ベースボール・マガジン社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:池田哲雄、以下ベースボール・マガジン社 http://www.bbm-japan.com/ )は、このたび、共同運営しているモバイル野球専門サイト『週刊ベースボール』をサイトリニューアルすると同時に、プレミアムコースをリリースいたしました。

【モバイル野球専門サイト『週刊ベースボール』プレミアムコースの魅力】

◆魅力1 読み応えたっぷりの記事満載

創刊から50年以上、プロ野球を中心に、野球を専門に取り上げ、多くのファンに支持されている『週刊ベースボール』。独自の取材力、分析力がキラリと光る、読み応えのある記事を本誌発売後、翌週火曜日にスマホやケータイにお届けします!

◆魅力2 選手の魅力、素顔、本音に迫る

インタビューや選手コラムにて、ファンが注目する旬な選手の魅力、素顔、本音に迫ります!

◆魅力3 野球をもっと面白く!一流のゲスト執筆陣

野球界のご意見番である豊田泰光氏をはじめ、梨田昌孝氏や森繁和氏など、大物評論家が毎週登場! プロならでは着眼点に思わず納得です!

◆魅力4 自分専用の球団ファンページ「マイチーム」

12球団の中から好きなチームを選んで、自分だけの専用ページにカスタマイズできます。これでもう、好きな球団の情報は見逃しません!

◆魅力5 充実のバックナンバー!今後さらに増量予定

バックナンバーも閲覧可能で、順次増量していきます。見逃してしまったり、もう一度見たい過去の記事も、スマホやケータイで、いつでもどこでも即チェック! 懐かしいあの場面や手に汗握るあの興奮が今ここによみがえります!


プレミアムコースの内容(イメージ画像)

ネットドリーマーズはベースボール・マガジン社とともに、モバイル野球専門サイト『週刊ベースボール』をより多くの野球ファンに満足いただけるよう、サービスの拡充に努めてまいります。

ネットドリーマーズは 今後も“安心・簡単・低価格”携帯/スマートフォンサイト制作ASPサービス『Let'sケータイ!』を進化させ、各事業者様のモバイルサイト、モバイルビジネスにお役立ていただけるよう努めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

【サービス概要】

サイト名
週刊ベースボール
サービス開始日
2012年7月19日
プレミアムコース使用料
330円(税込)

IP:株式会社ネットドリーマーズ

<スマートフォン版>

対応機種
iOS端末(iPhone等) 【OS/ブラウザ】iOS3.1.3以上/端末標準搭載ブラウザ
Android端末 【OS/ブラウザ】AndroidOS ver1.6以上/端末標準搭載ブラウザ
こちら上記以外のスマートフォン(WindowsMobile、BlackBerryなど)はサポート対象外となります。
URL:
http://sp.baseball.findfriends.jp/
QRコード

<ケータイ版>

携帯サイト(3キャリア公式サイト)
docomo(imode) i-menu → メニュー/検索 → スポーツ →野球
au(EZweb) トップメニュー →カテゴリで探す →スポーツ 野球
SoftBank メニューリスト → スポーツ → 野球
バーコード:
QRコード

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社ネットドリーマーズ
URL:http://www.netdreamers.co.jp/
ソーシャルメディア事業ユニット
担当:遠藤
e-mail:press@netdreamers.co.jp
TEL:03-3536-3066

【ネットドリーマーズについて】

スポーツ・趣味に関わるインターネットメディアを展開中。今回ご案内した『週刊ベースボール』の他、『速報!サッカーEG(エルゴラ)』、『Waggleできる!ゴルフ』、『tennis365.net』、『Sports@nifty』、掲示板SNS『Find』、『芸能ウォッチャー』、『日刊グラドル100円TV』、『愛犬の友モバイル』、『No.1家庭料理 KATSUYOレシピ』、『競馬総合チャンネル』、『netkeiba.com』等があり、トータル250万人超の方々にご利用いただいております。また、携帯/スマートフォンサイト作成ASPサービス『Let’sケータイ!』(http://lets-ktai.jp/)など、法人向けソフトウェア・システムの開発、販売も行っております。

※同文面にて記載された会社名および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。