役員メッセージ

ネットの本質を追求

最高執行責任者
向江 俊和

COO
向江 俊和

ネットドリーマーズが設立されたのは1999年の8月30日。
当時私は大学院の研究室で、ナノテクノロジーの研究をしていました。ITとは無縁で工具を使い、レーザを使い、計測装置で設定するという、体を使った実験をする日々を過ごしていました。それが、ちょっとした縁をきっかけに、今は、インターネットの最先端でインターネットビジネスのサービス創造に取り組んでいる、当時はとても想像できないことでした。

インターネットが実現する革新的な
ライフスタイルの変革

私が始めてインターネットと出会ったのは1994年。まさにインターネット創生期で、当時は商用のインターネットサービスがなく、大学で学術系ネットワークを活用していました。今では当たり前のブラウザやWindowsベースのメーラーもなく、初めてふれたインターネットはUnix上でMuleを利用したeメールの送信でした。送った内容はたわいもないものでしたが、今でもこの時の驚きは鮮明に記憶しており、手紙を送った瞬間に相手に届くという画期的な出来事に驚きを隠せませんでした。
その後、初期のブラウザである「MOSAIC」を知人から教えてもらい「Yahoo」の存在を知ることとなります。従来は、テレビや雑誌、新聞から一方的な情報を得る、図書館にこもって多数の本の中から汗だくになって欲しい情報を見つける、詳しい人から教えてもらうということが、情報を得る手段であり、それが一変して、能動的かつ非常に効率的に情報を得られる手段と出会った時、大変な驚きを感じました。
このふたつの驚きや、後の「Guntella」「NAPSTER」といったPtoP型サービスを初めて利用した時の新鮮な感覚は、インターネットの使い方と創造性をさらに押し進めてくれました。時間や場所など物理的な制約要素を取り払い、既成概念を根底からくつがえすインターネット産業だからこそ実現できる革新的な構造変革を目のあたりにし、画期的な生活スタイルや思考スタイルの変革を実現させるという、インターネットビジネスならではの醍醐味を、今は肌で感じています。

インターネットは、やがては、文化となっていく

インターネットテクノロジーはもちろんのこと、インターネットコミュニケーションの手法もこれまで大きく変遷してきました。fjなどのニュースグループや個人HPブーム、様々なジャンルのメーリングリスト、一世を風靡したICQ…、現在ではブログやSNSが利用シーンの高いコミュニケーションツールとなっていますが、時代の変化とともに変遷していくのは過去の歴史を見ても明らかです。その中で、メールをはじめとして、昔からのスタイルのまま、非常に高い頻度で利用され続け、まさにコミュニケーションのインフラとして生活に入り込み「文化」に近いところまで成立して来ているものも存在しています。一時のブームではなく、インターネットの本質的要素や人のライフスタイルとの相関が一致したものは、ついには生活インフラとなってきています。

本質を追い求め、サービスを創り出す

インターネットサービスにおいても、その時々で様々なサービスが生まれてきましたが、生活に根づくほど文化として残ったものに共通するのは、インターネットの本質的要素を基盤にしたものでした。N対Nのオープン型ネットワーク構造であること、データベース化され検索可能になったこと、場所や時間の概念を取り払ったこと、そういったいくつかの要素を基盤にしたサービスは多くの人の生活に入り込み、ものすごい数のトランザクションが日々発生しています。
ネットドリーマーズはこれまで様々なインターネットビジネスに取り組み、数百万人規模の人々が使うインターネット・携帯電話メディアやソフトウェアプロダクト、ハードウェア商品を作り出してきましたが、そういったサービス開発の中で、より多く利用され続け人々の生活に根づくことを考え、インターネットの本質的な要素がどのようにサービスに反映されるのか、常に求めるようになりました。いわゆる情報を流すだけのWEBサイトや既存メディアのネット化自体は、ネットの本質的要素とは関係なく、あくまで媒体の変化でしかありません。
そういう観点では、ネットの本質的要素を基盤にしたサービスはまだまだ無数に存在していると考えられ、その本質的要素を見つけ出すことがサービス開発の根本にあるのだと思います。

あなたの良さと皆の叡智を集結して、共にサービスを生み出したい

新しくネットドリーマーズに入社される方とは、一時のブームで終わる短命なサービスではなく、生活インフラになりうるより本質的なサービスのあり方やインターネットのあり方を共にじっくり議論し、生み出していきたいと思っています。私はどんな人であれ、人には必ずひとつやふたつ、他の人よりも勝ったところがあると思っています。年齢や経験によらず、共に働く仲間を常に尊敬し、それぞれが持つ叡智を結集させることで、サービス創造を継続的にしていきたいと思っています。それの叡智を常に磨き、重ね合わせて見つけられた本質的要素をもってサービスを創造し続けること、それが当社に課せられた社会的ミッションでもあり、仕事を通じて成し遂げられる自己実現のひとつだと思います。業種や年齢、学歴はまったく問いません。
共に社会構造を変えたいという高い目標を持ち、限られた人生の時間を存分に満喫し、この時代に生まれたという社会に対する足跡を残していきたい方は、今すぐにでもネットドリーマーズの門を叩いていただきたいと思います。

「No.1 スポーツソーシャルメディア」をともに作る仲間を募集!