経営理念

8.

私たちは、活動の成果を、内部留保、人材投資、成果報酬の3分野にて共有する

企業が生存を続け、発展していくためには、社会における企業の「存在価値」を高める必要があります。企業の存在価値とは、顧客と社会に貢献することであり、価値の評価の度合いに応じて収益として現れます。私たちは、当社の収益を主に3つの分野に分配します。まず、安定した経営を行うための内部留保です。景気動向等の外部環境や不足の事態の危機に翻弄されない強固な財務基盤を築いてまいります。次に、人材に対する投資です。人材に対する投資とは、“これを成し遂げたい”という情熱に、積極的に投資をすることです。つまり、事業ではなく人に、夢に投資するのです。最後に、サービスや技術の創造、発展に寄与した個人やチームへの成果に見合う報酬です。以上、私たちは、校正や利益分配制度を進め、写真の満足感を高め、会社全体の活力を向上させる仕組みを追求します。